ウェブデザイン・メディア勉強日記

ウェブデザインやメディア広告について勉強したことを紹介しています。

サイト開設一ヶ月で1万PV超えて反省、改善すべきだと感じた事

   

1月17日からブログを開設して早一ヶ月。
現在で34記事。ワンダーフリックに夢中で3〜4日程ブログ更新をサボったことになるから実質1日1記事でやってきたことになる。
下記をみてほしい。
1万pv達成での反省点

  • ページビュー1万1千PV
  • 訪問者数数4500/ユーザー数3600
  • 訪問者別ページビュー2.45
  • 訪問者平均滞在時間54秒
  • 直帰率1%

小さい山と大きい山がひとつずつあるが、それ以外はハッキリいって無人サイトである。
小さい山は定期購読が狙い目!書籍を3割価格で購入する裏技公開!!で、はてなブックマークを28コつけてもらい2,000PVの推移。
そして大きい山は、先日のnewspicksの次の有料化に期待したいこと。こちらはnewspicksの中の人にピックしてもらい、Twitterからの流入(newspicksからの流入)とその後堀江さんのコメントからhoriemon.comよりアクセスをいただき、なんと8,800PV!!

バズリのお山を二つ作れたこと、これがサイト一ヶ月で1万PV達成した主な要因だ。

反省点改善点を前にプラスの要因もまとめたい。
どちらの記事もバズってほしいというよりか、じぶんのなかで感動バロメーターの高い位置にあることを書いたのが良かった。
ただニュースピックスの記事に関してはサービスに感動して書いたのは事実だが、もっとこうして欲しいというところを中途半端に書いた(モヤモヤはっきり答えがない状態)のは猛省である。あまりの反響で毎日チェックしているNEWSPICKSを数日みれなかった。自分が書いた記事が一時的にNEWSPICKSのランキング一位になっていたのをみて、恐くて見れなかった。
この記事のMOREPICKSという提案には、間に交通整理する役割をもつウォッチャーを入れることで「では具体的にどうするか」ということが重要だったのだが、うまくまとめることができず、結果的にそれを省いて、ふわっとした理想論的な提案で終止した。
GMOの熊谷さん・SNSの堀江さんはじめ多数コメントをいただき無名の私の記事が社会のインフルエンサーの耳目を集める機会であったのに、中途半端に終わり反省である。

サクサクよめる簡単なキュレーションならいいが、企業やサービスに対してそれなりに提案するなら、みてもらう機会が今回のようなケースもあるので、もう少し慎重にならなくてはいけないと思った。

で、話しは戻って数字でみる反省点。

  1. バズリ以外ほとんどゼロ人
  2. 直帰率1%

まず1に関しては、テーマが絞りきれていない。口コミと一緒でここのお店(サイト)はこれが評判というものを絞っていれば、趣味嗜好のあったユーザーがサイトを訪問してPVも微増していくが全くしていない。具体的に飲食のデザイン無料素材を”売り”にしているのに、いまだ二つ作っただけ。午前様の勉強時間もワンダーフリックにハマって、ワンフリの合間に勉強するリズムになってしまっている。テーマを絞って、重点的に更新。ここをまず改善していきたい。
次に2については訪問者ページビュー2.45に対して直帰率1%。ほとんど直帰しているのにページビューが2.45、これは一見矛盾する数字の並びだが、要はバズリ記事からきた訪問者が当記事でほぼ100%直帰しているからだろう。他の記事からやってきた方は直帰率はそこまで低くなく3ページぐらい読んでくれているということだ。

サイトをはじめる前に「Chikirinの日記」の育て方を読んで、ただ書くのではなくて何を伝えたいか、伝えたいことが決まれば、どう伝えたらうまく伝えることができるかをしっかり立てて取組んでいこうと決めたのに早速の挫折である。

当ブログは数字でガチガチに固めたサイトではないが、印象論であってもある程度論理的に書かないといけない。
長くなったが、改善点はこうだ。

  • メインテーマの更新を続けて、そうすることでサイト訪問者の増加傾向を持続していく
  • 論理的に筋道立てて、読みやすい文章を心掛ける

この二つを守っていれば、テーマとしてはブルーオーシャンなので、きっと一年後ぐらいにはそこそこ盛り上がっていると思う。まずはこの本読んで文章力、デザイン力つけていきます。

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

プロになるためのWebデザイン入門講座 実践で役立つPhotoshop&Illustrator徹底ガイド

 - Blog