ウェブデザイン・メディア勉強日記

ウェブデザインやメディア広告について勉強したことを紹介しています。

行動しない学びサイクルからマジ抜け出してぇーYO♪

   

年間100冊以上自己啓発本読んで、休みも少ないのに「なりたい自分になれる系」のセミナーに大枚叩いて行って、しまいにネットの学習サイトで勉強してる。
いろいろ続けてはいるけど………
「けっきょく何も変わってないーーー」と叫んだら、

「変わるのはアナタ自身で、変われてないのは行動してないからですよ(棒)」と冷静に返される今日この頃。

今や誰もがキャリアをデザインする時代(キャリアデザイン室に掛けてます…)みなさんはいかがですか?

“オレやってる感”に満足して、アウトプットできていなかったここ数年

自己啓発も、成功セミナーも、学習サイトも、困っているひとがいるから需要があるわけで、一度で治してしまえば仕事がなくなるわけで、「希望をもたせ続けて何も変わっていない」状態が一番いいわけで、わたしは見事にそれにハマっています。

昨年はそういう無限ループにハマっている自分を客観視俯瞰視できてこれに気づき、自己啓発本とセミナーをやめました。

学んだ分(インプット)を同じ割合で行動する(アウトプット)

知識→経験この流れができないと、いつまで経っても、気持ちだけ前向き人間になってしまう。

で、何を行動してるかっていうと、自己啓発本購入禁止にしていた2013年に、こっそり読んだ大前研一著『稼ぐ力』に必要とされるスキルを実践しています。

35歳を過ぎてから新しく習うハードスキルはない。このため、50歳を越えたら、あとはそれまで蓄積してきた「経験」をいかに生かすか、ソフトスキルをいかに磨くかが仕事になる
(省略)
ハードスキル
会計、財務、マーケティング理論、統計学などがビジネスで必要とされる“道具”である

ソフトスキル
民族・国籍・文化・言語・宗教の違う人たちとコミニケーションをとりながら、ビジネスを円滑に進める能力を指し。英語力が前提となる。

稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方
マーケティング理論に関しては不勉強で、まだまだ言葉も足りないが、経験は積んでいるのでまぁそこそこ。
統計学はちびちび2012年頃からやっていて、英語は会話程度はできる。
プログラミングはstingerのおかげで初歩の初歩はわかるようになった。
今一番力を入れているのは、「新しいことをまず体験すること」

二番目に力を入れているのはデザインの実践
理由はどんなに機械化していっても、人間が商品やサービスに対価を払う限り、デザインはなくならないと考えるから
デザイナーにならなくても、デザイン力は全ての業種に必要。
機械との競争
まぁ遅すぎるといえばそうですが、ようやく学ぶだけの無限ループから抜け出して、実践して身になってきています

機械との競争で「こりゃ人間やべぇー仕事奪われるよ」と気づきがあり、稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方で、コンパスを得たというか、方向性が決まった感じ。

がんばります、がんばってます。

 - Blog