ウェブデザイン・メディア勉強日記

ウェブデザインやメディア広告について勉強したことを紹介しています。

newspicksにハマったと思ったら、今度はカメリオ!!なんか最近のニュースメディアがワクワクさせる〜!!

   

どんなに良いサービスがでても、プラットフォーム系のニュースはなくならないだろうと思っていたが、意外にももうLINEニュースとか見なくなった。
2013年はグノシー・アンテナ・スマートニュースが、ボクのネット情報収集の主流になって、Twitterのタイムラインは追わなくなり、ヤフトピとかも見なくなった。
そして2014年からニュースピックスとニュースハブが加わり、ここにきてカメリオが新たに加わる。
カメリオはまだ使って一日目だが、Amazonでいうところの「他にこんな記事もあります」的なリコメンドの見える化が優れているように思えて、これまたカユいところにサービスだ。
最近グノシーが読む前に知っているというか、大体わかるニュースが入ってきてセレンディピティーが少ない。
これは、自分のつぶやきが少ないから反映されていないのだろう、自分の興味フィールドの狭さに困ったものである。

こちらがのぞむ料理を出してくれる飲食店のように、こちらがのぞむニュースをいつも出してくれるニュースサイトはできるのだろうか?
ユーザーがお客さんなら、無限の一次情報という食材をつかって、どういうセンス(システム)で料理メニューを決めて、どういう飾り付けをするか(UI)、いまここだと思う。

今までは決して手を加えていないとは言えないが、とれたてホヤホヤ新鮮で、さも何も手を加えていないものが主流であった。
これからのニュースメディアに行列をつくるには、そのニュースにどんなバリューがあるか、またはどんな反対意見があるか、それを意見できて、なおかつ信用力影響力のある「おいしい店を知っている人」がついている必要がある。
その点では、ニュースピックスに少し分がありそうだが、まだはじまったばかりでわからない。

有識者のコメントを一次情報にトッピングする仕組みはオールドメディア特に新聞(電子版)でこそ、やってほしいものだが、これもまず新聞業界のパワーをもっている幹部の方が、今のスマホニュースメディアを体験していないだろうから実現は無理だろうな〜。

カメリオについては、こちらの記事に詳しく書かれているので、あとで読んでみようと思う。

ニュースをフォローすると何が起こるのかーー未知のニュースと過去記事を掘り下げられる「カメリオ」正式公開 – THE BRIDGE

 - Blog